Press Releases

Press Releases

運用開始:PaymailがBitcoin(BSV)の「長いアドレス」問題を根絶

英語で読むにはここをクリックしてください。

Bitcoinユーザーと、昔ながらの金融機関からよく聞くBitcoinについてのぼやきは、その扱いにくいことこの上ないアドレスフォーマットについてだろう。とてつもなく長く、ランダムに混じるアルファベットと数字の文字列がBitcoinの送受信に必要となっている。Money ButtonのCEOであるRyan X Charlesは、Bitcoin協会の他の会員と共同*で、BSVエコシステムにおけるこの問題をPaymailで解決した。元祖Bitcoin(BSV)は、現時点ですでに、VISA並みのトランザクションレベルのスケール実際の日々の利用に耐えうることを証明している。面倒なBitcoinアドレスの必要性を排除することでBSVの日々の利用は更に容易なものになった。今ではBitcoinの送金はEメールを送るくらい簡単だ。

· Paymailはユーザーが利用する際にBitcoinアドレスを省略する新しいアイデンティティープロトコルである
· PaymailではEメールアドレスと全く同一に見える実名を用いる
· PaymailアドレスはBitocoinアドレスに比べ、覚えたり、書いたり、タイプしたり、携帯電話で打ち込むのがずっと簡単である
· PaymailはBSVを送受信するあらゆる取引、サービス、アプリケーションで利用可能
さらに:Paymailは送金だけではなく、
· Paymailの立ち上げ時から、デジタル署名と暗号化に利用するパブリックキーの共有用に拡張機能を装備。
· Paymailは既に実用化済。Money ButtonはPaymailを完全に導入・稼働し、ElectrumSVとHandCashウォレットとの互換性も検証済み。Centbeeウォレットも導入を計画中。
· Paymailは特にGmailやその他の著名Eメールサービスなど、既存の身元確認システムと互換性があり、事業者・ユーザーとも既に利用中の身元証明システムを変更することなくBitcoin BSVの利用にスムーズに移行可能。

シンプルさが変化し、障害をかわす

Bitcoin協会の創設者・会長のジミー・グエンはMoney Buttonとその他Bitcoin協会メンバーの協力によるこの簡素化の卓越した達成を称賛する。

BSVはユーザー、事業主からグローバル採用されるよう最注力しているBitcoinエコシステムであるが、Paymailはこれを示す更なる好例である、とコメントしている。

*PaymailはBitcoin SVエコシステム全体のためにnChainMoney ButtonHandcashCentbeeそしてElectrumSVと共同で設計・開発された。またPaymail はBSVをサポートするBitcoinビジネスのリーディング・グローバル・オーガニゼーションであるBitcoin協会のワークショップから生まれた。PaymailはオープンBSVライセンスのもとで利用可能で、Bitcoin(BSV)を扱うあらゆるアプリケーションにて無料で利用可能である。Paymailは5月29日のトロント・コイン・ギーク・カンファレンスで発表されている。

詳細情報・インタビュー・写真についてはEd Pownallまでご連絡下さい。
 [email protected] または +44 7825 064776

To receive the latest CoinGeek.com news, special discounts on CoinGeek Conferences and other inside information direct to your inbox, please sign up for our mailing list.

COMMENT

[data-clipboard-demo]
[data-clipboard-demo]
[data-clipboard-demo]
[data-clipboard-demo]
[data-clipboard-demo]
[data-clipboard-demo]
[data-clipboard-demo]
[data-clipboard-demo]
[data-clipboard-demo]
[data-clipboard-demo]
[data-clipboard-demo]
[data-clipboard-demo]